私は小さなから赤貧の広いリビング恐怖に、2090年に独自の愛の憧れ女の子です。しかし。 。 。 。 。 。

過去から今、私大腸癌 標靶藥はノスタルジックな人ですし、家族の価値観の影響で、私も保守的な人です、最初から、私はプラットフォーム上で記事を書くようになった、あなたを欠場する私には思えます。すべての思い出は、あなたのすべてを支配しました。行の間に読んでは、あなたの思いで満たされています。私たちはお互いを記念してきた、私は信じています。

私は感情の結果は、価値がないはずはない、ではないと思います。私はアイマージンを信じて、一目ぼれを信じています。でも、個別に戦うことができない人々インチ私はこれをやっていると、何かの結果があることができ、私は努力を与えることはありません。昔、私は再び会うシーンのことを考えています。久しぶり:最初の文ではないでしょう、と思いました。しかし妻以来、常に浅いエ蔡加讚ッジとなっています。

若い年齢で私の叔母は、一日議論するために、一緒に3年間のために、高速起動と結婚された、目標係を持っていますが、結婚の問題であるため、分離しました。それ以来、接触していないインチ今日までに、20年後、彼らはお互いにリンクアップし始めました。彼らは2年後に何が変わったのか、20年の時間と何離れて時間のお互い、二十年を気にし始め作るものが、彼らはお互い20年お尋ねしたくない理由は、何ですか。 。 。 。 。 。オリジナルの40から若いセンチメンタルさらに二十年後に何年にも、彼らは愛情であることを、今、20年間すでに悲観立って、しかし、運命は彼らの浅いエッジシャープニングを与えたが、 Qingshenyuanqian。私たちのそれぞれの生活の中で、おそらくことを彼(彼女)Qingshenyuanqianそれのいずれかを持っています!

Qingshenyuanqianは、愛情の男が運命好まれている、これは治療のためのバランス感覚ではない感じ、深い心の中であなたはまだいじめるの浅いエッジの運命である人物を、欠場蔡加讚、そして生活の中であなたは申し訳をよりになります。おそらく彼の顔に戻って、Qingshenyuanqianにいる人たちは、本当に競争に直面するとき、不足していると悔い、ではなく、安心できるようになる「長い時間がないを参照してください」の危機に瀕していたでしょう。

常に愛情が、浅いエッジ以来!!!!

何かのために、私が特に好きなのはそんな眩しい太陽の下で万事万物、この太陽の下、時間特別久遠は、特に静かな日々。
小学生のとき、娯楽のとても少ない、子供たちが更に多くのは時間の中で見つけた面白い物を観察し、時には一羽の鳥が飛んで木の枝の上に展開呼朋声、迎えに伴うか、どうして喜んで。時々見地下から數碼通這い出る一匹ミミズ、ほこりの中に差しだが、彼の苦痛の原因がわかりません。
私は孤独な、この空白の時には。からからのキャンパスの中、白い茫茫の日光はキャンパスのすべての地方を覆っていました。
雨上がりに、私は土の中から出した香りをかぐこともできる。私は1か所の軒先で立って、長い間離れたくないので、私は孤独がここに殘っているか、私はここで何を探す?
私は見るから小さいアリに学校の校庭のそばに顔を出して頭石墩所かもしれん雨が長くなって、小さいアリ穴の中で出られなくて、もう何日も食べ物。今日、ついに晴れ、それから食べて食べています。
週りがたくさん池、小さいアリにとって、一部の危険。しかしそれはびっくりして、だんだん行動に沿って、アリの巢の先に登って行って。
歩いた距離、この池はますます深くなって、小さいアリの体をゆっくりと水の中に瀋んで、彼は危険楊婉儀幼稚園を感じ、こちらを振り向くと、往来道もがいて。
私はとても心配して小さいアリに登る能力がないこの池で、それはあきらめずに、それを続けている划动。足の力の力はアリの重さを支えて、力が弱くなり。
ゆっくりと、もがくてもがくを止めて。私はこの小さい命がとても心が痛い、準備をして、それを手伝うことにしまし。
私は最初に挪動ペースで、この小さな命がまた急に体をよじって、この爆発力さっきよりも強力だけでなく、驚いて、更に多くのは人を震撼。
小さいアリに最終的に登るた池、また歓歓速くをさがしている別の1本の道。私は、おそらく人は経験に一度生死の試練と、道が迷って、少なくとも自分は隠れるのオアシスでしばらく休みが傷を癒し、こいつは自分の足を止め、それもない這い回蟻の穴からではなく、違う方向に歩き続けて。
あたりに大きな小さな池があり、危機は依然として存在している。小さいアリにこれらの危険がなく、すぐに入って新の探求の過程の中で。
小さいアリないどうして生死の試練を置いて、心の中ではそれは生まれつき勇敢に自然を徴服するの気高い感情と雄々しい誌ですか、それ腹が北山、帰りもなどの死?
前一種の仮定の大半は私たちの主観の憶測は、1種の生命の行為の任意持ち上げる、最後が無人信じて。万物を気にしないし、誰が自分の命はね、俗語「も蟻で命を惜しむ。」つまりこの世界のすべての種の種は死ぬことを恐れていて。あの後1種の仮説が成立し、多くの条件の下で、蟻のような種が非常果酸換膚に殘酷な生存条件、生存のために、彼らはすべての力を尽くして、総会をつづり合わせて、力を尽くし可能。
誰が自分の生きるような条件の下魚の釜中に泳ぐが如し?というより、むしろすさまじい死ぬかもしれないと生命の意義がまだ。
もちろん、あの時の自分は思いつかないような道理を、もっと理解しないその最悪の生存条件に命の意味があるのか。ただ長年後で、私は同じ生活悲惨な社会に、ひとつの空白の時間の中で、思わず連想してこれらの。

ワシントン・ポスト紙によるとアメリカ』の報道によると、大統領アメリカトランプの婿兼ホワイトハウス高級顧問库什納現地時間よんしよ月さん日とアメリカ軍事高官バグダード訪問し、同イラク総理阿巴迪会い、極端な武装検討打撃「イスラム国」の組織韓式繡眉の行動。

と库什納と共にイラクの米軍の合同参謀本部議長を含む邓福德。

「聨合早報」の報道によると、イラク総理室の声明によると、阿巴迪同库什納、邓福德や他のアメリカ役人を含め、ホワイトハウス国安顧問博セ(トムBossert)と会談。この声明によると、彼らは討論した「モースル戦と国際連盟にイラクの支援を提供し、イラク部隊訓練や武器を提供し、人民の問題やイラク彷徨うことになるわ」。

アメリカ海軍将ヒックスによると、邓福德招待库什納と博セ彼と一緒に訪問イラク。「聞く以外の報告と最新の発展、库什納も代表大統領(トランプ)を表現するイラク政府と参加(打撃「イスラム国』は組織)の行動をアメリカ者の支持と承恆生指數歷史圖表諾。」

「ワシントン・ポスト」」と評価し、今回の旅はイラクにもかかわらず、頂てだけの「大統領顧問」の虚をくわえて、しかし库什納はトランプ政府内の重要性は急速に蹿升。トランプで就任しないひゃく日の時間の中で、库什納は関与しカナダ、メキシコ、イラクなどの国との接触、さらには、数日後に参加しトランプ中国国家主席と習近平の間の会談。

「ワシントン・ポスト」によると、個人のトランプ政府に忠誠を強調し、库什納の地位を持っているとトランプに直接連絡のパイプはまるで「影国務長官」などのキャラクター。

しかしいくつかアメリカ政治界の関係者はこれについて、懸念ブルッキングス研究所研究員トーマス・マン(高級トーマスMann)でトランプ政府のスタイルを「帮派柏傲灣家族」とは、トランプ一族以外の人が信頼。そしてニューヨーク大学教授のポール・ライト(Paul Wright)は、库什納と同じような人に「煩雑職責を一般的にはいかなる1件の事をしっかりと行って、彼らはいつも忙しくて、疲於奔命」。

ただ専門家に库什納役に楽観見方。研究アメリカ政治史のニューヨーク大学教授ティモシー・持って弗塔に(Timothy Naftali)は、艾森豪はかつて自分の大統領の任期を任命して自分の息子のジョン・艾森豪自分の国家安全コンサルタント、「大統領事務の処理について非常に有能な説明」。

原文住所:http // www.imastv.com / news /瞩目する/ 2017-4-4 / news_content_151467.shtml

↑このページのトップヘ