今日の天気はマイクロ晴れ渡って、又逢土曜楊海成日、許は四方閉鎖の部屋には長くて、とても新鮮な空気に触れると、小鳥が外密密突き抜けて窓ガラス、混在悶の空気に漂って、時には伝えている
自然の吉報。考えた枝に吐き出すかぐわしい花、それらのあるいは濃くてあるいは薄い香りを通行人によって時々笑い声、これら、荘子本中貴重な思想で一時的に限って引退の一角、抑えきれない
翠の歌声が、翠の歌声で体に立ち上っている。大自然の魔力はだれも抵抗できない。
小道に沿った階段、サイド私軽快に散歩者、道路上の人は多く、老人、子供はそれぞれ自分の心の中でかみしめている、彼らの顔は伝えている心に特有の名状しがたいの言いふらす。
彼らはすべて普通の人で、すべてよく知っていてこの辺のとても熟知する世界。まわりの世界は彼らにあげ、彼らはすべて喜んで受け入れて、そして無事です。これらを考えて、私は軽快な足どりを鈍化て、思わず彼らを見てみたくない
彼らの顔を持つが、ウズウズし、顔の筋肉が痙攣しよう、花の世界では、花のない感知の存在は、花の香りは、空気中の座談驢鳴犬吠。私が思い出され今は部屋で孫さんの母、彼女の手と跳ね回るの心のように永遠に停止してきたが、屋外の花の香りが、このは懂得を全部舎て彼女の心に彼女が幼い孫。
マイクロ晴れ天気、私は神州のような天気に、この花だらけの世界では、多くの美男俊女山で自在に泳いで、喜び小路は、花の群の中で。私は誰が独暗然は小屋の中に暗然ますか?誰も願っても
重苦しい仕事で苦しめているの?自然の恵みを捨てては誰がいるのかな?大地を運ぶことを願う万物、時々緑の森、エクスタシー花、人の命は有限で、まさか私の考えは間違っている?私はまだ独りで1人の小屋でぼうっとして、時間が知らないことを待つことを待って楊海成います?
大通りには日光、満は人、老人、子供、若い男女があります。彼らは今のようにも忙しくて、まめに手足が止まらない、いくつかの目をじっと見つめている専門道路脇の露店、手には子供を連れて;いくつか目
茫然として見て、甚だしきに至っては走ら道の両側の露店;もいくつかずっと離れない開路目の先に。おそらく私は空を睨みをかけて穏やかな太陽、手を振って何処吹く風のない、二度と人を見たくてこの道を
以外のものは。道の両側に並んでさまざまな露店貨物、野菜、軽薄な服装飾類、台所用の刃物、ダンサーの髪用の小さなハサミ、小クシなど。貨物が全、この选品が多いが、甚だしきに至ってはあるブース前込みが並んで長い人;密密の人ごみの中に、時々伝屋台店を出す主豪快な掛け声。私は5元のものを売る地方に来て、ここは駅の人がとても多いです。上に立つ長い横断幕、横断幕に突然この文字を書く、让行通行人はすぐこの屋台で売ってそれぞれ何品。荷主手に持っている大きなスピーカー、時々漂う中「全てご元、全てご元」、ハスキーな喉音中、時々何串汗があり。品物の客を選んで非常に慎重に、1つの1件、満足に至るまで。立ってブース前の緊張を選んで最も商品、混んで人の客を待ちわびる、たまにを恨み節が、大部分の人はとても根気よく待っていても、可能性は土曜日にして、必要のないで出勤する原因。彼の隣辺ぶりの荷主で彼の花を敷き、と先のブースに客を満員に比べて、このブースはとても寂しくて、私が見た半時間を除いて大きな手を触れた若者せっかちに缶ジャスミン、誰に手を出す、ボスを持って一つの喇スピーカはひっきりなしに叫ぶ:x元一缶、x元一缶。荷主は北の人は、大きな廣州自由行大男。前の方を歩いて数十歩、ここは野菜の屋台、旗の多くは婦人、彼らは焦ったり、座っていたり、スクワットていたり、立っていて、手もそばに立っている電子秤。ないかもしれません。近くの昼ごろ、彼女たちはそんなに焦る必要はない。母の言ったことがあって、買って野菜の女性も大変、早朝から車で来て料理を売って、夕暮れまで引けない、のどが渇いて家にお茶を飲み、お腹が空いた食べ物食べられる生靑大根や、前に歩いて数歩、角を曲がって、そこで売って饅頭、彼らはそこで金を少し饅頭。その上彼女たちはいらない、近づく正午、この野菜の人影が増えていくにつれて、彼女たちはいっしょにいっしょに歩いた人影絶えて喝声マ。土曜日の日曜日には、毎年祝日に、彼らはすべて。これは私の子供のころを思い出した、あの時家庭の面倒をよく木っ端で集めて材木で流す支出、緊張を和らげるために経済、母に思い付いた出前饅頭饅頭、その時の母の体も弱いし、あなたが一度に雨が降って、母は私を連れてたまたま途中、雨に濡れた母の服、ために得る数元、母に無理やり私ぬかるみの小道に揺れるひるの艱難を一行馳。併用ハスキーな喉音どんどん軒の扉を閉じて。このハスキーな喉音どれだけを固めて執着して、今はまだ私の耳に重いよう

私は小さなから赤貧の広いリビング恐怖に、2090年に独自の愛の憧れ女の子です。しかし。 。 。 。 。 。

過去から今、私大腸癌 標靶藥はノスタルジックな人ですし、家族の価値観の影響で、私も保守的な人です、最初から、私はプラットフォーム上で記事を書くようになった、あなたを欠場する私には思えます。すべての思い出は、あなたのすべてを支配しました。行の間に読んでは、あなたの思いで満たされています。私たちはお互いを記念してきた、私は信じています。

私は感情の結果は、価値がないはずはない、ではないと思います。私はアイマージンを信じて、一目ぼれを信じています。でも、個別に戦うことができない人々インチ私はこれをやっていると、何かの結果があることができ、私は努力を与えることはありません。昔、私は再び会うシーンのことを考えています。久しぶり:最初の文ではないでしょう、と思いました。しかし妻以来、常に浅いエ蔡加讚ッジとなっています。

若い年齢で私の叔母は、一日議論するために、一緒に3年間のために、高速起動と結婚された、目標係を持っていますが、結婚の問題であるため、分離しました。それ以来、接触していないインチ今日までに、20年後、彼らはお互いにリンクアップし始めました。彼らは2年後に何が変わったのか、20年の時間と何離れて時間のお互い、二十年を気にし始め作るものが、彼らはお互い20年お尋ねしたくない理由は、何ですか。 。 。 。 。 。オリジナルの40から若いセンチメンタルさらに二十年後に何年にも、彼らは愛情であることを、今、20年間すでに悲観立って、しかし、運命は彼らの浅いエッジシャープニングを与えたが、 Qingshenyuanqian。私たちのそれぞれの生活の中で、おそらくことを彼(彼女)Qingshenyuanqianそれのいずれかを持っています!

Qingshenyuanqianは、愛情の男が運命好まれている、これは治療のためのバランス感覚ではない感じ、深い心の中であなたはまだいじめるの浅いエッジの運命である人物を、欠場蔡加讚、そして生活の中であなたは申し訳をよりになります。おそらく彼の顔に戻って、Qingshenyuanqianにいる人たちは、本当に競争に直面するとき、不足していると悔い、ではなく、安心できるようになる「長い時間がないを参照してください」の危機に瀕していたでしょう。

常に愛情が、浅いエッジ以来!!!!

何かのために、私が特に好きなのはそんな眩しい太陽の下で万事万物、この太陽の下、時間特別久遠は、特に静かな日々。
小学生のとき、娯楽のとても少ない、子供たちが更に多くのは時間の中で見つけた面白い物を観察し、時には一羽の鳥が飛んで木の枝の上に展開呼朋声、迎えに伴うか、どうして喜んで。時々見地下から數碼通這い出る一匹ミミズ、ほこりの中に差しだが、彼の苦痛の原因がわかりません。
私は孤独な、この空白の時には。からからのキャンパスの中、白い茫茫の日光はキャンパスのすべての地方を覆っていました。
雨上がりに、私は土の中から出した香りをかぐこともできる。私は1か所の軒先で立って、長い間離れたくないので、私は孤独がここに殘っているか、私はここで何を探す?
私は見るから小さいアリに学校の校庭のそばに顔を出して頭石墩所かもしれん雨が長くなって、小さいアリ穴の中で出られなくて、もう何日も食べ物。今日、ついに晴れ、それから食べて食べています。
週りがたくさん池、小さいアリにとって、一部の危険。しかしそれはびっくりして、だんだん行動に沿って、アリの巢の先に登って行って。
歩いた距離、この池はますます深くなって、小さいアリの体をゆっくりと水の中に瀋んで、彼は危険楊婉儀幼稚園を感じ、こちらを振り向くと、往来道もがいて。
私はとても心配して小さいアリに登る能力がないこの池で、それはあきらめずに、それを続けている划动。足の力の力はアリの重さを支えて、力が弱くなり。
ゆっくりと、もがくてもがくを止めて。私はこの小さい命がとても心が痛い、準備をして、それを手伝うことにしまし。
私は最初に挪動ペースで、この小さな命がまた急に体をよじって、この爆発力さっきよりも強力だけでなく、驚いて、更に多くのは人を震撼。
小さいアリに最終的に登るた池、また歓歓速くをさがしている別の1本の道。私は、おそらく人は経験に一度生死の試練と、道が迷って、少なくとも自分は隠れるのオアシスでしばらく休みが傷を癒し、こいつは自分の足を止め、それもない這い回蟻の穴からではなく、違う方向に歩き続けて。
あたりに大きな小さな池があり、危機は依然として存在している。小さいアリにこれらの危険がなく、すぐに入って新の探求の過程の中で。
小さいアリないどうして生死の試練を置いて、心の中ではそれは生まれつき勇敢に自然を徴服するの気高い感情と雄々しい誌ですか、それ腹が北山、帰りもなどの死?
前一種の仮定の大半は私たちの主観の憶測は、1種の生命の行為の任意持ち上げる、最後が無人信じて。万物を気にしないし、誰が自分の命はね、俗語「も蟻で命を惜しむ。」つまりこの世界のすべての種の種は死ぬことを恐れていて。あの後1種の仮説が成立し、多くの条件の下で、蟻のような種が非常果酸換膚に殘酷な生存条件、生存のために、彼らはすべての力を尽くして、総会をつづり合わせて、力を尽くし可能。
誰が自分の生きるような条件の下魚の釜中に泳ぐが如し?というより、むしろすさまじい死ぬかもしれないと生命の意義がまだ。
もちろん、あの時の自分は思いつかないような道理を、もっと理解しないその最悪の生存条件に命の意味があるのか。ただ長年後で、私は同じ生活悲惨な社会に、ひとつの空白の時間の中で、思わず連想してこれらの。

↑このページのトップヘ