2g1

そして、晩秋に、紅葉が転落、私はいつも私の愛する古い母を考えます。
 
今年は貧しい父親は、彼女の母親が国に一人で住んでいた残して、私たちは考えを消去如新集團することが困難になることはありません初期の1988年の冬に死亡した、60以上の母親となっています。私たちは、彼女の母親や姉妹を強制したかっ繰り返し生きるために街を受けたが、残念ながら私の母は、いつも生きて本当にハードに、鳥かごのように、お互いを知らない、六階を登るために都市に、国に住んで慣れ、と述べています。私の妹しようと悪いアドバイスを言って、実際には、我々はすべての彼女はと数十年前の隣人に沿って古い家の彼女のグループに消極的であることを知って、幸せではありません。
 
母は、田舎に一人で私たちは常に、我々は通常動作心配は彼女を見に戻って行くために少しの時間で、特に忙しいです彼女の古い姉妹のいくつかをされましたが、1つの週末、私の母は、私たちは偶然、巨大な磁石のようですすべての側面から、突然、抜本的な抜本的な、水の沸騰のお湯を沸かす、食品オフ食品ディスカウント騒々しいとなったが、彼女の母親の家が小さすぎる、常にパックドあり、通常は明確な冷たいコテージを作る、過去に惹か人々が、常に陽気な笑いで満たされ、特にほとんどのいたずらな子供たち、彼らはあなたが本当にガスを入れて、応答しなかったことを、どのように彼らのために叫んであなたの大人にもかかわらず、いくつかの良いに到着する傾向があります風の強い、私は深刻な彼らの食事nu skin 如新Jiehen前に殴られたかったです。私たち大人は、私の母を助けるために働くために急いでいるが、誰がそうないだろう一つのことがあり、それが調理している間。私の母の料理レベルが特に高いので、ご飯は適度な硬さ、風味を丸め、大人と子供が食べるのが好き、それはおいしい、母は米の地殻を調理するために残されたときに、本当に香りのパリッとした言及する価値がありますすばらしい、塩辛い地殻のガチョウのスープ、スープやおいしいものを数滴で、単においしいそれはあなたが思い出に残るになります。毎日の食事は、私たち大人も子どもたちがお互いの乾燥地殻とでも戦いの叫びをつかむしなかったことが多いので、米の地殻を食べるために競合しなければなりません。実際には、私の母はあっても、あなたはいくつかの非常に香り米の地殻存在料理とワインをクリップする場合は米の地殻は、このような目玉焼きと混合クリスピーライス、揚げクリスピーライス、砂糖オープン水疱地殻、クリスピーライススープサム日......飲酒など、多くのがあります食べてやりますあなたは何の関係もない、バイトブロックを取るドライクラストはまだ気持ちがゆっくりとしか味を知っているだろうことは、素晴らしく感じ。
 
母は古いなっているが、クリスピー米の味を変更していない、それは地元、クリスピーライスにマイナーな有名人となっている母と彼女の子供たちが密接にリンクされている場合ので、私は知らないのですか?クラストは、お母さんのようだと私たちは橋の間で切断し、ケアの2世代の心をしっかりと固定します。我々は、我々がどの水平香り米の地殻わざわざ左母親が息子や娘を与えたいと言って良いだろう、彼女nu skin 如新の母親のようなのであまり、私たちはそんなに米の地殻をしたい、だけでなく私たちは田舎の古い母に一人で住んで欠場と言うかもしれません。さらに別の灼熱の考えを混ぜたかのようにこの愛で、ママは、純粋な、私たちのために彼女の愛は簡単です大切にしなかったが、それは無私と背が高い、と私たちの母の愛無数伝え、永遠の、知っている子どもたちの心を行う者たちの唯一のものがあります.....

261461655456354487

年安桐、これから長い時間の中で、私は二度と会えなかったよ。年後の今、あなたはまだ私の夢の中で現れて、夢の中のあなたはやはり最初の顔、そんなに美しくて清らかな少年。
私は週末の朝、目覚め、朝の9時余り。夢の中で、私はあなたを見て三戸をひそむそこに立つ、着ているあなたが特に好きなチェックのシャツと純純藍藍のジーンズ、それは靑春の中で最も純粋の最もすばらしい組み合わせ格調と思わせるひときわ文芸。記憶の中のあなた、いつも輝いて笑って、尖った小さい虎牙ときれいなえくぼを露出していて。あなたは私の前に歩いて、例によって例の如して叩いて私の頭は、さわやかな明るい声、あなたは「おや、陶小格、あなたは、現在、勇敢です、私の目を見て光が満ちていた。」私はまだ返事が来ないで、その夢の中のシーンはだんだん明るく、ごま塩の1枚になりました。
そして目が覚めて、最初のイメージは頭が痛くて、痛みのように多くの银针私のこめかみをおろし、しかし私の根は頭痛に注意を置いて、私は突然、年安桐、私はもともとは臆病な人で、実は私は強いが、多くの事は私は勇気が足りない、ただしたくない、私の成長の背景菜種から油まで決定私脆弱なプライドと空虚の虚栄心、それらを許してくれないあれらの私を勝ち取ら珍しくないもの。私は習慣で気ままな人は珍しくないもの、私はきっと努力することが、年安桐あなたは私にとっては例外で、私はあなたを、しかし私は本当にとてもあなたが好きです。
私は記事から嫌いひどい高揚優秀な人物たびに、これらの人物の姿が学校の各種の活動にも、私は笑って、彼らを見て、顔には穏やかで、内心瘦面方法は見下げた……
学校での活動はこれまで参加したことがない、私は、その活動は、自分が自分の場所を誇示することを自慢していると思う。そういう場では虚栄心、優越感が極度に膨張、人間の殘欠がもっと明らかに暴露されている。私はこれらを君に言って聴いたときに、あなたはしない、あなたは小格あなたはあなたの弱さに口実を探しましょう、あまり理想化、それに無理、ね、あなたは入れて潔い!あまり明らかに表現しないよ。反対させているが、長年後の今、あなたの私の評価はきわめて正確だということを認めざるを得なかった。年安桐、私は自尊心が強く、私が愛面子、あまりに虚栄。私はあなたが私に手を伸ばすあの1刻して傲慢になっていることはできません。本当に心と尊厳の前に、私は結局やはり後者を選択しました。永遠に知らない私はどんなに優秀な演出家、私の演技をだましたすべてあれらのかつて私に議論された野次馬、甚だしきに至っては私自身さえで信じて、私はあなたには少しも気にかけないで、ちっとも珍しくない。
だから今、年安桐、私は後悔した。私たちは結局はすべて遅くなって、私達は結局行かない。今私は確かに今あなたの前に、素直に対你説:「年安桐、私はあなたが好きで。」時間はすでに抜け出して、私はまったくあなたがまた私を覚えていて、また、今昔はすでに渋味の私はあなたにとって、昨日の温情。だから、今度、私は自分があきらめて、あなたは徹底的にさよならを言うことを決定する。


訪問頂きましてありがとうございます

コメント、メッセージありがとうございます
 
皆さまに 慈愛の光が溢れます 事をお祈り致しますラブラブ
 
 
 
今日の京都は、爽やかなお天気でした晴れ
 
 
大原三千院は とても苔が美しいですけど
 
今日は、苔のお手入れをしておりました音譜
 
 
 
 
 
これは、スギコケ という苔なのですが

よく見ると・・・目
 
違う種類の苔があるのわかりますか・・はてなマーク

これ水ゴケというのだそうです
 
とても 水分を含むコケで、スギゴケの成長を邪魔するそうですあせる
 
つまりは、貼り付いて、窒息するうな感じでしょうか・・

ですから、この 水ゴケを 抜いてあげるんですあせる
 
こんな 感じに・・
 
これ 集めて丸めると 苔玉が出来ますよあせる

実は、私も知らなったんですが・・
 
先日、先輩の僧侶の方に教えて頂きました
 
暇な時は、やってほしいと・・・音譜
 
意外と こうな仕事好きな方なので
 
早速 今日の午前中、参拝が少ない時に
 
この水ゴケ引き をしておりました音譜
 
 
ふと 空を見上げると・・目
 
青空が綺麗で・・
 
 
日光の上の周りに、虹のような光が・・kira4
 
わかりますか・・はてなマーク

↑このページのトップヘ