何かのために、私が特に好きなのはそんな眩しい太陽の下で万事万物、この太陽の下、時間特別久遠は、特に静かな日々。
小学生のとき、娯楽のとても少ない、子供たちが更に多くのは時間の中で見つけた面白い物を観察し、時には一羽の鳥が飛んで木の枝の上に展開呼朋声、迎えに伴うか、どうして喜んで。時々見地下から數碼通這い出る一匹ミミズ、ほこりの中に差しだが、彼の苦痛の原因がわかりません。
私は孤独な、この空白の時には。からからのキャンパスの中、白い茫茫の日光はキャンパスのすべての地方を覆っていました。
雨上がりに、私は土の中から出した香りをかぐこともできる。私は1か所の軒先で立って、長い間離れたくないので、私は孤独がここに殘っているか、私はここで何を探す?
私は見るから小さいアリに学校の校庭のそばに顔を出して頭石墩所かもしれん雨が長くなって、小さいアリ穴の中で出られなくて、もう何日も食べ物。今日、ついに晴れ、それから食べて食べています。
週りがたくさん池、小さいアリにとって、一部の危険。しかしそれはびっくりして、だんだん行動に沿って、アリの巢の先に登って行って。
歩いた距離、この池はますます深くなって、小さいアリの体をゆっくりと水の中に瀋んで、彼は危険楊婉儀幼稚園を感じ、こちらを振り向くと、往来道もがいて。
私はとても心配して小さいアリに登る能力がないこの池で、それはあきらめずに、それを続けている划动。足の力の力はアリの重さを支えて、力が弱くなり。
ゆっくりと、もがくてもがくを止めて。私はこの小さい命がとても心が痛い、準備をして、それを手伝うことにしまし。
私は最初に挪動ペースで、この小さな命がまた急に体をよじって、この爆発力さっきよりも強力だけでなく、驚いて、更に多くのは人を震撼。
小さいアリに最終的に登るた池、また歓歓速くをさがしている別の1本の道。私は、おそらく人は経験に一度生死の試練と、道が迷って、少なくとも自分は隠れるのオアシスでしばらく休みが傷を癒し、こいつは自分の足を止め、それもない這い回蟻の穴からではなく、違う方向に歩き続けて。
あたりに大きな小さな池があり、危機は依然として存在している。小さいアリにこれらの危険がなく、すぐに入って新の探求の過程の中で。
小さいアリないどうして生死の試練を置いて、心の中ではそれは生まれつき勇敢に自然を徴服するの気高い感情と雄々しい誌ですか、それ腹が北山、帰りもなどの死?
前一種の仮定の大半は私たちの主観の憶測は、1種の生命の行為の任意持ち上げる、最後が無人信じて。万物を気にしないし、誰が自分の命はね、俗語「も蟻で命を惜しむ。」つまりこの世界のすべての種の種は死ぬことを恐れていて。あの後1種の仮説が成立し、多くの条件の下で、蟻のような種が非常果酸換膚に殘酷な生存条件、生存のために、彼らはすべての力を尽くして、総会をつづり合わせて、力を尽くし可能。
誰が自分の生きるような条件の下魚の釜中に泳ぐが如し?というより、むしろすさまじい死ぬかもしれないと生命の意義がまだ。
もちろん、あの時の自分は思いつかないような道理を、もっと理解しないその最悪の生存条件に命の意味があるのか。ただ長年後で、私は同じ生活悲惨な社会に、ひとつの空白の時間の中で、思わず連想してこれらの。