2017年08月


十字路に立って、この世界で、誰もが自分の夢に向かって進んでいる。私はどうすればいいの?左へ右へ、右へ?人生はこのように、至る所に選び取るが満ちている。
よくある人は私に聞いて、私は小Cどうする、私たちは常にその条分かれ道を徘徊して、左か右、道しるべはない道案内人がない。引き続きおろしますか?前進はよろめく?文字はいつもいつも感動的に、1歩譲って、勇者はいないと言って、勇者はいません。そのため、あなたの选択は正しい、道は自分で出てきたのです。
道を歩いて、慌ただしい人ごみ、人がいくらかあって何をしで、目標がある人は揺るぎない自分の足、ぶらぶらする人はいつもいい加減な顔。
世界で選んで、すばらしい、時には、私は私達のような大きなもので覆われている、それは一枚を包む。どのあたりにも大小のサイズがあり、少しずつやすやす、多少困難がある。その外に広い空、私たちはどの出口に入って、何層も、自分のあの日。それはまた公平で、どちらに行っても、その輸出はまた関係のないものだ。
最初、まるで自分が入った一つの漆黒の世界につれ自分の模索を感じることができて、最後に外の世界が透けるの殘りの光とぬくもり。その時は、自分が求めている世界ではない、続けて行くということは。今度は何かを越えた何階、どれくらいの小さな輸出が、やはり感じてますます強く、自分の世界はますます大きくなって、歩き続けて。突然、そこにまばゆい光が出てきて、何か。そこで加速ペースを借りて、遠くの光は、すぐにその光源に到着した所、そこのすべての物事はすべてはそんなに新鮮で、そんなにの人を引き付ける。自分に惚れされられて、ひと休みする、それでは熟知珍しいこと、一日一日、ハマッた、自分を忘れました以前の夢は、自分の使命を忘れた。そんなある日、ここではそんなに良くて、これがない、それはない、自分の人生じゃないか。荷物を片付けて、引き続き前進し続ける。
今回のペースが速く、だからこそ沿道の輸出が増え、借りて微光に加え、自分の目標がはっきりして、進む。時には疲れた、感じることができます、自分の執着することのできることを考えていますか?この道は自分のゴールだと思っているから。歩き続けて、眩しい光にもよく会えて、ただ、自分は知ってはいけない滯在。歩き続けて、感じ始めてから遠くないところに出した光が、一箇所だけでは、歩き続けて、来の交差点で、この交差点はそんなにの光が、だからこそこれはあれらの光の交点にあるように、左、右は、比較的暖かい光;。迷い、迷い、初めて自分はそんなに迷って、そんなに戸惑って、この時の心は本当にとても葛藤。
どこへ行くのでしょうか。どの辺に自分のほしいと思っている日ができますか。左?右?かも知れない、自分の目標はまだ足りないと自分で決めかねないかもしれませんが、右も左のはいいが、よく自分を弦無き弓に羽抜け鳥。最後は、歩きながらに行き、始めはいい感じですが、ゆっくりとは真っ黒になって、ひっそりとは恐ろしい。その時、どうなるのかと思って、どうなるのか。それよりもいいのかな?歩き続けて、引き続き真っ黒、継続。。。。。。道中で流した汗が分からない何か、道中をいくらで、最後に見た大きな大きなの輸出は、自分が知っている、それは自分の世界に属する。
ある人には眩しい光で、ある人は疲れた、小さな出口探した、ある人は彷徨うの交点にある、ある人はずっとあの長い長い漆黒地帯で、ある人は一緒に行きつ戻りつ。もしかすると、いうところの人ってのは少数で、少数人は道を行く人々に迫られて、やっとの人々。
あなたは今どこにいるの?もしあなたはまだそこに小さな光で、そんなにあなたを進めよう;もしあなたの交点にある、そんなに早くので、信じて、もしあなたは真っ暗で、そんなにおめでとう、あなたはあなたの世界がますます近くなって、あなたの仕事は進み続け、発奮し続け、引き続き奮闘し、引き続き払い、引き続き歩き続けている、今はまだ牛つかむばかりの暗がり頑張りさえすれば、前進を続け!

十字路に立って、この世界で、誰もが自分の夢に向かって進んでいる。私はどうすればいいの?左へ右へ、右へ?人生はこのように、至る所に選び取るが満ちている。 よくある人は私に聞いて、私は小Cどうする、私たちは常にその条分かれ道を徘徊して、左か右、道しるべはない道案内人がない。引き続きおろしますか?前進はよろめく?文字はいつもいつも感動的に、1歩譲って、勇者はいないと言って、勇者はいません。そのため、あなたの选択は正しい、道は自分で出てきたのです。 道を歩いて、慌ただしい人ごみ、人がいくらかあって何をしで、目標がある人は揺るぎない自分の足、ぶらぶらする人はいつもいい加減な顔。 世界で選んで、すばらしい、時には、私は私達のような大きなもので覆われている、それは一枚を包む。どのあたりにも大小のサイズがあり、少しずつやすやす、多少困難がある。その外に広い空、私たちはどの出口に入って、何層も、自分のあの日。それはまた公平で、どちらに行っても、その輸出はまた関係のないものだ。 最初、まるで自分が入った一つの漆黒の世界につれ自分の模索を感じることができて、最後に外の世界が透けるの殘りの光とぬくもり。その時は、自分が求めている世界ではない、続けて行くということは。今度は何かを越えた何階、どれくらいの小さな輸出が、やはり感じてますます強く、自分の世界はますます大きくなって、歩き続けて。突然、そこにまばゆい光が出てきて、何か。そこで加速ペースを借りて、遠くの光は、すぐにその光源に到着した所、そこのすべての物事はすべてはそんなに新鮮で、そんなにの人を引き付ける。自分に惚れされられて、ひと休みする、それでは熟知珍しいこと、一日一日、ハマッた、自分を忘れました以前の夢は、自分の使命を忘れた。そんなある日、ここではそんなに良くて、これがない、それはない、自分の人生じゃないか。荷物を片付けて、引き続き前進し続ける。 今回のペースが速く、だからこそ沿道の輸出が増え、借りて微光に加え、自分の目標がはっきりして、進む。時には疲れた、感じることができます、自分の執着することのできることを考えていますか?この道は自分のゴールだと思っているから。歩き続けて、眩しい光にもよく会えて、ただ、自分は知ってはいけない滯在。歩き続けて、感じ始めてから遠くないところに出した光が、一箇所だけでは、歩き続けて、来の交差点で、この交差点はそんなにの光が、だからこそこれはあれらの光の交点にあるように、左、右は、比較的暖かい光;。迷い、迷い、初めて自分はそんなに迷って、そんなに戸惑って、この時の心は本当にとても葛藤。 どこへ行くのでしょうか。どの辺に自分のほしいと思っている日ができますか。左?右?かも知れない、自分の目標はまだ足りないと自分で決めかねないかもしれませんが、右も左のはいいが、よく自分を弦無き弓に羽抜け鳥。最後は、歩きながらに行き、始めはいい感じですが、ゆっくりとは真っ黒になって、ひっそりとは恐ろしい。その時、どうなるのかと思って、どうなるのか。それよりもいいのかな?歩き続けて、引き続き真っ黒、継続。。。。。。道中で流した汗が分からない何か、道中をいくらで、最後に見た大きな大きなの輸出は、自分が知っている、それは自分の世界に属する。 ある人には眩しい光で、ある人は疲れた、小さな出口探した、ある人は彷徨うの交点にある、ある人はずっとあの長い長い漆黒地帯で、ある人は一緒に行きつ戻りつ。もしかすると、いうところの人ってのは少数で、少数人は道を行く人々に迫られて、やっとの人々。 あなたは今どこにいるの?もしあなたはまだそこに小さな光で、そんなにあなたを進めよう;もしあなたの交点にある、そんなに早くので、信じて、もしあなたは真っ暗で、そんなにおめでとう、あなたはあなたの世界がますます近くなって、あなたの仕事は進み続け、発奮し続け、引き続き奮闘し、引き続き払い、引き続き歩き続けている、今はまだ牛つかむばかりの暗がり頑張りさえすれば、前進を続け!

↑このページのトップヘ